芸能人

おニャン子クラブ解散の本当の理由!5つの原因と黒幕がいた?[真実]

おニャン子クラブ解散の本当の理由について今回は迫っていきたいと思います。

おニャン子クラブ解散には5つの原因と黒幕がいた?と題して順に迫っていきたいと思います。

今日放送される一周回って知らない話でも本当の理由が話されます。

今現在でも人気があるおニャン子クラブ。

どうして人気だったのに解散してしまったのか。

真実について見ていきます。

Sponsored Link




おニャン子クラブとは

当時11人だったメンバーが19人まで増えたり減ったりだった

1985年フジテレビのテレビ番組夕やけニャンニャンから誕生した女性アイドルグループです。

共同作業者には、秋元康さんもこのころから活動しており今では人気アイドルグループAKB48を誕生させましたね!

活動期間は1985年から1987年。2002

短い活動期間だったようです。

フジテレビのテレビ番組夕やけニャンニャン開始とともに番組内のアシスタントとして芸能界デビュー。

3ヶ月後の198575日に発表したデビューシングルセーラー服を脱がさないでは大ヒットしました。

その後、絶え間なくシングル、アルバム、ビデオソフト、写真集をヒットさせ続け1980年代のアイドルシーンを席捲していったのは言うまでもありません。

おニャン子クラブのメンバーには、会員番号が与えられ自己紹介の際には必ず名前の前におニャン子クラブ会員番号なになに番をつけて名乗っていました。

今でも会員番号とセットで覚えている人は多数いるはずです。

結成へのいきさつ

1983から始まったフジテレビ土曜深夜の生放送番組オールナイトフジは社会的現象ともいえるほどにヒットし、そのヒットの一翼を担った、番組アシスタントの女性グループ、オールナイターズもアイドル的な人気と活動展開で盛り上がっていた。彼女らは既存の芸能人ではない素人の女子大生たちを中心に構成されていて、それまで崇高な存在であったアイドル像とは相反していたことで注目を浴びていた。

その成功から、フジテレビは同じスタッフによるもので、平日夕方の時間帯で中高生をメインターゲットに放送する、『オールナイトフジ』と同様な生放送の情報バラエティ番組『夕やけニャンニャン』の開始と、オールナイターズに相当する番組アシスタントの女性グループ、おニャン子クラブの結成を企画する。

Sponsored Link




おニャン子クラブ解散の本当の理由

おニャン子クラブ解散の本当の理由とは?

おニャン子クラブ解散の理由1

番組が終わってしまったため。

これは、先ほども述べましたが夕やけニャンニャンのアシスタントとしてやっていました。

プロデュースは秋元康さんがやっていましたが、当時は雇われプロデューサーであり、責任者はフジテレビの石田Pです。

そのため、番組が終わると同時に打ち切り解散だったと言われています。

おニャン子クラブ解散の理由2

番組の視聴率が低迷していたため。

夕やけニャンニャンの視聴率が低下したのはおニャン子クラブの人気のピークが過ぎ去ってしまったこと共にあります。

夕やけニャンニャンがなくなれば、おニャン子クラブの活動場所はなくなり、人気が衰退するのは目に見えてわかったからです。

人気なうちに解散させて美しく最後を飾りたいという意識があったのではないかというのもあります。

おニャン子クラブ解散の理由3

おニャン子クラブの解散理由は明確にされてませんが、色々な歪みがあったのではないかと言われています。

当時は素人の集まりだったのですが、売れっ子となってしまったため、続ける意味がなくなったということからもあるそうですね。

おニャン子クラブ解散の理由4

人気メンバーの脱退。

新田さん、国生さん、高井さんという人気メンバーの脱退が解散前にありました。

そのため人気が落ちて勢いがなくなったのではないかと言われています。

おニャン子クラブは恋愛禁止でもなく新田さんなんかは、彼氏もいたようです。

おニャン子クラブ解散の理由5

プロデューサーから解散しろと言われた。

今回の放送である一周回って知らない話で告知していましたがプロデューサーからの突然の解散命令。

この人気メンバーが脱退してしまったのにはプロデューサーからの命令があったのではないかと言われています。

これが、本当の真実の原因理由のような気がします。

以上5つがおニャン子クラブ解散の本当の理由です。

おニャン子クラブ解散には、悲しむ人がたくさんいたことだと思います。

現代の若い人たちでも名前だけは聞くような有名なグループだったということは知っているようです。

おニャン子クラブに対する現在の反応

おニャン子クラブ解散の本当の理由まとめ

今回は、おニャン子クラブ解散の本当の理由について迫っていきました。

続けていれば、今で言うAKB48のような存在になっていたかもしれませんね。

なになにクラブが多数できるような気がします。

おニャン子クラブのメンバーでも今現在も活躍している人が多数います。

大人になっても綺麗なおニャン子クラブ。

今後再結成なんてことはありえるのでしょうか。

Sponsored Link




似たような記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA