話題

カルロスゴーン社長会長の姉のwiki風プロフと経歴!アドバイザー契約と高級住宅の実態!

カルロスゴーンさんは、今報酬を過小申告したことについて逮捕されている事件で揉めていますね。

そんな中、またしてもゴーン社長が家族の姉に1120万円という大金を、アドバイザー契約として渡していました。

そんなカルロスゴーン会長の姉について今回は迫りたいと思います。

それでは見て行きましょう!

Sponsored Link




カルロスゴーン社長のプロフィール

名前:カルロスゴーン

年齢:195439日 64

出身:ブラジル生まれでフランス国籍もあり

職業:実業家

学歴:パリ国立高等鉱業学校

レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有しています。

アラビア語、フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5ヶ国語を話せます。

また、日産自動車の社員に対して、自らの肉声で語りたいときは、あえて、日本語で演説するようにしているそうです。

カルロスゴーン社長会長の経歴

1999年 仏ルノーが、経営危機に陥った日産自動車と資本提携。
日産の最高執行責任者(COO)に就任。


2000
年 日産社長に就任。


2001
年 日産の最高経営責任者(CEO)を兼務。


2005
年 ルノー社長兼CEOに就任、両社のトップに。


2007
年 販売不振で07年3月期が社長就任後初の営業減益に。


2015
年 日産での役員報酬(14年度)が初の10億円超えと発表。


2016
年 燃費不正問題を起こした三菱自に出資し、会長に就任。


2017
年 日産の社長兼CEOを退く。代表権のある会長にはとどまる。

この漫画のような経歴ですが、実際に、漫画誌ビッグコミック・スペリオールに「カルロス・ゴーン物語」が掲載されるなど、広く知られる存在となっています。

自分の人生が物語になるのはすごいですよね。

人生のストーリーを作って行くのは大事だと思います。

日産自動車社内の公式言語を日本語から英語にしたのは皆さんご存知ですよね?

また、カルロスゴーン社長会長は、2011311日、大規模自然災害となった東日本大震災が発生した際に、ゴーンは地震と津波による被害の復旧支援活動を率先して行うに留まらず、震災による打撃とともに、福島第1原子力発電所事故の影響下にあった、福島いわきエンジン工場の操業回復をいち早く決定しました。再構築を推進、奨励する為、自ら頻繁にテレビ番組などに登場したそうです。

Sponsored Link




カルロスゴーン社長会長の東京地検特捜部による逮捕

そして、現在カルロスゴーン社長は騒がれています。

20181119日、開示されるゴーン自身の報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたとして、東京地検特捜部により、金融商品取引法違反容疑で代表取締役グレッグケリーとともに逮捕されました。

日産自動車の西川広人社長は1122日に招集する取締役会議でゴーン同社の会長職を解任する方針を説明しました。

日産は内部通報により、数ヶ月の間内部調査を行ってきたそうです。

内部からの告発だったのですね。

そして、今回のゴーン姉にアドバイザー契約したとのことですが。

カルロスゴーン社長会長の姉のwiki風プロフィール

カルロスゴーン社長には、姉が2人、妹が1人いるようです。

2人の姉はゴーン社長と仲が良く、現在はリオに住んでいるようです。

顔や写真、名前も調べましたが一般人ですので公開していませんでした。

何かわかれば追記したいと思います。

カルロスゴーン社長と姉のアドバイザー契約とは?

カルロスゴーン社長の私的流用が話題になっているところに立て続けに身内にも起こっているようです。

世界6箇所に高級住宅を建設したり、自分の資産を増やすために色々な策を講じていたゴーン社長。

今回は姉妹に意味不明な給料を支払っていたとのことです。

ブラジルのリオに住んでいる2人の姉に業務実態がないにもかかわらず、アドバイザー契約料として、年間1120万円という大金を支払っていました。

これは、いけないですね。

会社経費を私的な理由で使うのは。

ゴーン社長の姉は海外の子会社を通じてリオデジャネイロに高級住宅をゴーン社長と同じく購入しています。

本田宗一郎さんなんかは、馴れ合いを会社の中では嫌い、身内を会社に入れることなんてごもっともで、唯一の後悔はホンダという自分の名前にしたことだというくらい身内を会社に入れるのは嫌っていました。

まさに、正反対のゴーン社長ですね。

Sponsored Link




カルロスゴーン社長と姉のアドバイザー契約の実態内容

2002年に姉とアドバイザー契約を結んだ後、顧問料として1120万円支払っています。

ということは、2002年から2018年の間ずっと、日産の経費から支払っていたことになります。

1120×16年間=179200000

実働をしていない身内の姉になんと1.8億円もの大金を支払っていたことになります。

リストラされた日産の人たちはどうなるのでしょうか。

リストラされた人たちのことも考えて欲しいですよね。

16年間分のその人の人生を奪ったことと同じですからね。

これに対し、世間の声はどうなっているのか見て行きましょう。

カルロスゴーン社長姉に対する声

そりゃあ、こう思ってしまいますよね。

会社のお金を身内に使うのは言わずとしていけないことですよね。

まとめ

今回はカルロスゴーン社長会長の姉について記事にしました。

これからもどんどん隠されていたことが湧いて出てきそうです。

姉については何か情報があり次第、追記して行きたいと思います。

カルロスゴーン社長会長がカリスマ経営者として知られていましたが、お金には目が眩んでしまったようです。

お金にくらまない会社はできないもんなんですかね。

今回はこの辺で終わりにします。

Sponsored Link




似たような記事はこちら!

POSTED COMMENT

  1. SHINN より:

    日本人のコメントはいいです。それでもゴーン氏が正しいという人はいないでしょう、多分。私が知りたいのは外国の方の意見です。日本の司法制度に対する他国の報道はよくニュースでも取り上げられていますが、実際今回のニュースが諸外国でも正しく報道され、それを知った一般市民の方々はどんな風にこの事件について考えられているのでしょうね?むしろ知りたいのはそこのところかと思われますが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA