花火

2018年関門花火の穴場スポット!下関側編!地元の人が教える穴場を紹介

どうも、ロマンを追い求める男、龍や

今回は地元である下関で一番綺麗で壮大な、関門花火大会の穴場を紹介しようと思う。

場所を近くで見たい人や、下関側からだと水上花火がまじかで見れるところを紹介。

Sponsored Link




関門花火大会とは?

関門花火大会とは、1年に一回ある山口県の下関側と、福岡県の門司側に分かれて見れる花火大会のことだ。

山口県ではおそらく、一番でかい花火大会。

 

個人的には、本当に地元の小さい花火大会が目の前で見れるので、一番やけど笑。

今年はなんと15000発!

下関側と門司側で半物ずつかな。

これが50分の間繰り広げられる。

2018年8月13日(月)19:50~20:40 (開会式は19:40~、2018年の開会式は下関会場)

ちなみに出入りは昨年2017年で105万人だと。

下関の人口超えるんやないかな笑。

下関の人口の4倍や笑。

時間帯別の流れ

 

まず、下関側の魅力

花火の種類で特徴的なのは、水上花火というものがある。

これは花火を海に打ち込んで爆発させる花火だ。

これが見れるのが山口県側。

自分は毎年間近で見れるところからそれを見ている。

と言ってもSランクの席には負けるやろうけども。

他にも下関側は、尺5寸もある大玉花火が見れる。

マジででかい。

場所は?

あくまで下関側からの説明をする。

場所は、写真に写ってある海響館らへん。

有料の観覧席と無料の観覧席があるけど、個人的には有料の500円で入れるところがいい。

その前に種類を説明するな。

無料

有料500円

有料1000円

有料2000円

この4つやと思う。

これが当日に入れるところ。

前売りは、教会に問い合わせてくれたらいくらでもいいものは見れると思う。

あまりお金を使わずにっていうなら

さっきも言ったように自分は500円のところがええ。

500円のところはまあまあ人がおるけど、近くで見れるからものすごく綺麗。

無料で遠くから見よるのとは全然ちゃうな。

500円の場所は、あるかポートっていうところなんやけど、海響館の隣。

巌流島行きのフェリーがあるところ一帯が500円区域。

ちなみに出入りは自由。

んでさらにランクが上の1000円のところは海響館前の門司と下関両方見れる場所。

500円の方は肩一個しか見れないが、それでも十分に綺麗だからええと思う。

穴場スポット

500円のところでも特に綺麗に見れるところは、

Fの唐戸市場前の角っこのとこ

矢印が置いてある、場所が一番近くて見応えがあった。

早めに場所を取っておかないと立って見る羽目になる。

それともう一つオススメは

矢印が置いてある、海響館のガラス張りのところの前。

ここが意外と空いていて見やすくなっている。

ファミマの前は、500円払って見る場所ではない。

Sponsored Link




まとめ

まあ、他にもゆめタワー周辺とか火の山とか見れるところはある。

でも花火が小さい。

できるだけ近くで見たい人は今言った500円の席がコスパ的にも一番いい気がする。

車で来る人は止めるところがないので動いたままになるだろう。

ここだけの話、道路沿いに、関門海峡の下をすぎたあたり。

ゆめタワー方面でないところに車を止めて見ている人もいる。

車の人はそこが唯一のとまって見れるところと思う。

なるべく車で来ないのがベストだ。

電車もえらいことになるけど。

自転車が一番安全笑

下関側に来た時は、水上花火と大尺玉を必ず見て欲しい。

感動すること間違いない。

Sponsored Link




 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA