Youtuber

ラファエルBANアカウント凍結の理由は?なぜ?もうやらない?

トップYouTuberであるラファエルさんがアカウントの凍結アカバンされたことが122日に判明しました。

そこで、ラファエルのアカウント凍結垢BANの理由は?なぜ?もうやらない?と題し今後のラファエルさんの活動やアカウント番の理由について探っていきたいと思います。

2,000,000人規模の超人気YouTubeだったラファエルさんですが、アカウント凍結されるとなるととても心苦しいものですね。

それでは見ていきましょう。

Sponsored Link




ラファエルのアカウントが凍結!垢BAN

ラファエルさんのチャンネルにアクセスするとこうなります。

人気YouTuberラファエルさんのYouTubeチャンネルが122YouTubeのコミュニティーガイドライン違反によりアカウントを停止されたことがわかりました。

このアカウントは2,000,000人以上がチャンネル登録していたメインチャンネルです。

今現在アクセスしても動画が見れない状況が続いています。

そしてラファエルさんと言えばメインチャンネルのほかにサブチャンネルとゲームチャンネルがありますが、こちらには影響は無いとのことです。

ラファエルさんのサブアカウントチャンネル

画像見る限り、アカウントは影響受けていないようですね。

しかし、サブアカウントの方は38万人と2,000,000人規模よりも圧倒的に少なく、1,620,000人のファンのチャンネル登録は今後どうなるのか気になりますね。

ゲームチャンネルは11万人と200万人の20分の1と言う事ですから戻ってくるのに時間がかかりそうです。

ラファエルの動画内容

YouTubeラファエルの動画内容としては、

・金融系YouTuberで商品・サービスを紹介。

・芸能人とのコラボ

・大人の話題を主に配信していました。

動画内容でも女性の過激な部分が露出されていたり、アカウント停止がいつ起きてもおかしくない内容を配信していたのも事実です。

ラファエルさんはいつかアカウントバンが来ると思っての配信だったことでしょう。

過激系YouTuberで以前にレペゼン地球さんがアカウントBANされていたことがありました。

アカウントBANを以前されたレペゼン地球

しかし、レペゼン地球さんはDJと言う根強いパワーを持っていたことからもすぐにアカウントは登録者1,000,000人ものファンがすぐに帰ってきたこととして知られています。

ラファエルアカウント凍結垢BANの理由は?なぜ?

ラファエルのアカウント凍結、アカウントバンの理由として考えられるのは以下の理由です。

ラファエルの動画内容が過激

動画内容がユーチューブにとって良くなかったことが原因

これは先ほども言っていますがアダルトな動画内容が多かったことからYouTubeのコミュニティーガイドラインに違反をしたのでしょう。

コミュニティーガイドラインとして以下の項目があります。

ヌードや性的なコンテンツこの中でも許可されるコンテンツと許可されないコンテンツがあります。

ヌードや性的なコンテンツ

YouTube では、性的コンテンツに含まれるヌードはもちろん、ヌードを含む動画のほとんどを許可していません。

許可されるコンテンツと許可されないコンテンツ

ポルノなどの露骨な性的コンテンツは許可されません。フェティッシュを含む動画は、問題となる行為の過激度に応じて削除されるか、年齢制限を設けられます。

ほとんどの場合、暴力的、刺激が強い、あるいは侮辱的なフェティッシュは YouTube で許可されません。

ヌードや性的なコンテンツを含む動画は、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術を主な目的とし、過激な映像でなければ許可されることがあります。

たとえば、乳がんに関するドキュメンタリーは適切なコンテンツと判断されますが、そのドキュメンタリーから抜粋した映像を投稿した場合も許可されるとは限りません。

動画の主な目的を YouTube や視聴者が容易に判断できるよう、タイトルや説明にコンテキスト(動画の状況説明)を指定するように心がけてください。

参考元ーhttps://support.google.com

有害で危険なコンテンツに関するポリシー

視聴者に悪影響を与えかねない武器の動画

ラファエルさんは武器家や格闘技系少し暴力的で過剰な動画をあげていたことから新しく追加されたYouTubeのポリシーに違反していたのかもしれませんいかに詳細が書いています。

先日お知らせしたとおり、危険なチャレンジやいたずらに関するポリシーが変更されました。

死亡のリスクが伴うチャレンジは、YouTube では許可されません。

けがや身体的危害をもたらす差し迫ったリスクを伴う危険なチャレンジに未成年者が関与しているコンテンツも、YouTube では許可されません。

また、身体的な危険にさらされていると犠牲者に信じこませるいたずらや、実際に身体的危害をもたらすいたずらも、YouTube では許可されません。未成年者に精神的苦痛を与える危険ないたずらや虐待的ないたずらも許可されません。

問題行動を促す可能性のある動画について、行動を起こすのは動画ではなく見る側の問題だという考えもありますが、YouTube では、暴力の扇動、深刻な身体的危害あるいは死亡の恐れがある危険行為や違法行為を誘発することが目的のコンテンツを許可していません。

YouTube では、規制対象または違法となる所定の商品やサービスを直接販売しようとするコンテンツ、または販売サイトへのリンク経由で間接的に販売しようとするコンテンツも制限しています。制限対象となる品目には、薬物、処方薬、アルコール、ニコチン製品、オンライン カジノ、偽造書類、盗難クレジット カード情報などが含まれます。

有害で違法な行為を助長すると見なされるのは、次のような動画です。

  • 爆弾の作成手順
  • 深刻な身体的危害のリスクを伴う行動を助長するチャレンジ
  • 深刻な身体的危険があると被害者に信じ込ませるいたずら
  • 未成年者に精神的苦痛を与えるいたずら
  • 覚せい剤の使用
  • 重傷につながる可能性のある行為

危険な行為を描写している動画でも、主な目的が教育、ドキュメンタリー、科学、芸術(EDSA)であり、過激な映像でなければ許可されます。たとえば、窒息ゲームの危険性に関するニュース動画は適切であると判断されても、同じドキュメンタリーから抜粋した映像を投稿することは適切だと判断されない可能性があります。

他のユーザーに対して暴力的な行為を扇動するような動画は YouTube では厳しく禁止されています。暴力行為の行使や暴力行為による脅しを他のユーザーに対して促すような動画は、サイトから削除されます。

YouTube では、未成年者を巻き込む有害で危険なコンテンツに対して細心の注意を払って対応しています。有害で危険な行為に未成年者が関与している映像を含む動画は投稿しないでください。未成年者を保護する目的で、けがや死亡のリスクが高い行為を含む動画については、その行為を大人が行っている場合であっても年齢制限を設けることがあります。                         参考元ーhttps://support.google.com

まとめると、

・YouTuberの度が行き過ぎる悪乗り悪ふざけ

・視聴者に怪我をさせる可能性のある内容

・迷惑をかけるドッキリ企画

などがYouTubeポリシーとして違反していると言うことになりますね。

他にもラファエルさんと言えばバリュー騒動の一員であったことや、利回り84%の投資案件と言うYouTubeはとしてのモラルを下げてしまった動画を投稿。

また月収を暴露する動画を投稿するなどYouTubeにとってあまり良くないことをしていたことからもアカウントが停止されたのではないでしょうか。

あまり過激なことをしすぎると、YouTubeからアカウントを凍結されるのは当たり前です。

やはりYouTuberは世間一般に広がっていくとなるとどんどん禁止事項が増えていくことだと思われます。

今は多く大丈夫な動画内容でも今後はアカウントがバンされる危険性もあるかもしれません。

ニュースにもなるほどYoutuberは世間に影響与えていることから、動画内容や発信内容には気をつけたいものです。

Sponsored Link




ラファエルの今後は?どうなる?

今後のラファエルはどうなってしまうのか。。。

以下に詳細をまとめています。

まとめ

今回はラファエルのアカウント版アカウント凍結について記事をまとめました。

理由としては、やはり皆さんが想像しているであろう過激な動画内容からアカウントが停止されたようです。

今後はラファエルの動画内容はどうしていくのでしょうか。

気になりますね。今後の時代としてますますユーチューバーが活躍する時代になってくると思われます。

楽しませる動画をたくさん撮って欲しいですね。今回は以上です。

Sponsored Link




似たような記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA