話題

イッテQのヤラセ疑惑の内容は?宮川大輔の今後はどうなる?現在は?

イッテQ!と言えばお茶の間で話題の人気テレビの企画です。

そんな人気企画のイッテQ!にやらせ疑惑があります。

そのやらせ疑惑の内容をこの記事では見ていきます。またお祭り男と知られる宮川大輔の今後はどうなるのか。現在の宮川大輔はどんな心境でいるのかなどを見て行けたらいいなと思います。

この記事を見れば、イッテQ!のヤラセの真相について、今後どうなるのかがわかります。

Sponsored Link




イッテQ!とは

謎解き冒険バラエティー世界の果てまでイッテQ!は日本テレビ系列で20072月から毎週日曜日1958分から2054分に放送されているバラエティー番組、紀行番組です。

番組の視聴率は12%前後と安定しており16% 89%前後を取るなど高視聴率を保っています。

過去最高の視聴率は22.6%と数字がとても高いことを表しています。

イッテQ!のシリーズとしてあるのは、

世界で1番盛り上がるのは何祭り?

イッテQ!温泉同好会

珍獣ハンターイモトワールドツアー

男の挑戦シリーズ

イッテQ登山部

イッテキューアワード

カレンダープロジェクトなど様々な企画が存在します。

出川哲郎の初めてのお使いなどはとても人気ですね。

また今回の問題となっている世界で1番盛り上がるのは何祭と呼ばれるお祭り男宮川大輔がその月に開催される世界の祭りをランダムで選び体験するというのも人気ですね。

Sponsored Link




世界で1番盛り上がるのは何祭り?とは

月一回ほどに放送されている名物客のことでお祭り男宮川大輔が全世界で行われている祭りを体験していくバラエティー番組となっています。

宮川大輔の

わっしょーい!

 

あかんこの水は死んでますか?この水死んどるやん!

 

見たらわかる安いやつやん

などの名言や嘔吐物を編集で隠すキラキラ加工なる名物も誕生しました。

200734日のマリのドゴン族死者の祭りから始まり、20181021日タイで行われた鍋祭りまで続いています。

11年間も続いている名物企画ですね。

イッテQ!のやらせ疑惑

ここで問題となったのが週刊文集ででっち上げと表され報じられた祭りがあります。

2018520日に放送された東南アジアのラオスの橋祭り。

水上にかけられた全長25メートルの板を橋に見たて、4つの動く球を避けて自転車で橋を渡り切るという祭り内容。

もちろん宮川大輔が参加しお茶の間の笑いの中心となりました。

イッテQが、企画して自分らの費用から祭りを作ったんですね。

ラオスにはもともとこの祭りはなかったらしく。

ラオスの国問題まで発展しています。

ちなみに、この週刊文集のでっち上げに対し日テレはやらせを否定しました。

イッテQやらせ疑惑はラオスの祭りだけにとどまらずラオスの祭りを含め11個他にもありました。

11個の祭りの中7つがラオス近郊の祭りでした。

この祭りを例に挙げると、まず201333日に放送された

タイ、コークモウの水瓶祭り

浮き輪を装着した水瓶を川に浮かべそれに乗るレースです。

カリフラワー祭り

手越と宮川の絶妙な掛け合いで人気祭りだった2122017年に放送の祭り。

二人三脚でカリフラワーを収穫する競技ですが突然現れる泥のプールに違和感を覚えた人もいるそうです。

このカリフラワー祭りが1113日午前3時ごろ突然番組ホームページの放送内容から削除されました。そして同じく13日の午後1時には再び記載される異変があったそうです。

宮川の現在の現在の心境は?

宮川大輔関係者によるとかなり精神的に参っているそうです。

宮川大輔は制作スタッフに最初からちゃんと説明すべきだったのではと訴えました。

大切にしていた番組ですし命がけでやってきた企画ですからとコメントがあったそうです。

大切にするのもそりゃそうですよね。

あれだけ小さい子供から大人まで人気のある企画でしたから宮川大輔本人も応援されたりと心から楽しめる仕事だったのではないでしょうか。

Sponsored Link




宮川大輔の今後は?

宮川大輔自体に非は無いためお祭り企画が休止の検討に入ったとのことです。

ファンの声も多数

宮川大輔も大変やな

 

演者である宮川大輔に何の責任もない

 

関係ないじゃん宮川大輔くんはいつも一生懸命でした

 

これはないわ気の毒すぎるよ日テレも諦め悪いなぁラオスがそんな祭りないって言ってるのに

 

お祭り男やめないでほしい

まとめ

今回はイッテQ!に対するやらせ疑惑の内容についてまとめました。

お祭り男は自分も大好きですしイッテQ!の楽しみ企画の1つでもあるのでやめないでほしいですね。

これはスタッフ側に責任があるので今後スタッフがどう対応していくのかが気になるところですね。

テレビはやらせとの境界線が難しいところですけど、国にも迷惑をかけるようなことはしてはいけませんね。

宮川大輔さんの今後の活躍に期待します。

今回はこの辺で。

Sponsored Link




似たような記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA