話題

芸能人薬物療法疑惑2019誰が逮捕秒読み!最新まとめピエール瀧の次は田中圭?

芸能人の薬物療法疑惑2019と題しまして、誰が今後逮捕秒読みになるのか迫って行きたいと思います。

薬物を使って性行為をすると、何十倍もの快楽があるそうです。そうした為に溺れていったのでしょう。

ピエール瀧の次は田中圭なのではないかと噂もされているようです。

芸能人と薬物の関係は切っても切れない関係でしょう。

ヤフーの予想している、超売れっ子のT、日本レコード大賞受賞M、独特な人気キャラが人気を博しているOとは気になりますね。

最初に噂されている芸能人の名前を挙げておきますと、長渕剛さん、田中圭さん、ピンクレディー、都はるみ、大野智さんですね。

Sponsored Link




芸能人薬物療法疑惑2019

ピエール瀧さんは以前に予想されていたようですね。

アイドルや女優について知りたい方は以下の記事から見てみてください。

芸能人逮捕秒読み女優やアイドルは?薬物療法疑惑2019最新まとめ芸能人の逮捕秒読みとされている女優やアイドルについて今回は見ていこうと思います。 薬物療法疑惑が最近話題になっているため、気になる方も...

以下はピエール瀧さんが捕まる前に、東スポの記事が予想していたものです。

2019年、芸能界に大きな激震が走りそうだ。

俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)が派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪で起訴されたが、他にも3人の有名芸能人が逮捕間近という衝撃情報をキャッチした。

違法薬物にDV、そして詐欺…本紙が来るXデーに備えて徹底取材した極秘情報を公開する。

新井被告は数多くの人気ドラマや映画に出演していたため、逮捕されたことで芸能界は大混乱となったのは周知の通りだが、次の3人の中で1人でも逮捕となったらそれこそ大パニックになるだろう。

まず1人目は、新井被告と同様、いやそれ以上に映画やドラマでは欠かせない確固たるポジションを築いている中堅俳優Aだ。

主演も張れるし、脇役としても輝ける。俳優としては類いまれなる才能を持っているのだが、なぜ逮捕間近と言われているのか? 

「Aの逮捕が近いと言われているのは、交際女性へのDVがひどいからです。Aによる女性への暴力はすさまじいものがあり、警察もこのまま放っておくことはできないと、注視しているのです」と捜査関係者。

確かにAはどこか危険なにおいが漂う俳優であることは間違いない。だが、それが女性に向かったとなれば大問題だ。

十数年前にもAは女性へのDV癖が噂になったことがあったが、今回は当局が重大関心を持っているとなると逮捕は絵空事ではないだろう。

かねてDVは社会問題にもなっており、昔のように痴話喧嘩として捨て置けないだけに、いつ事件化してもおかしくない。

Aと同じく俳優として数多くのテレビや映画に出演している大物俳優Bも捜査線上に浮かんでいる。

その理由は、違法薬物だ。

2009年に酒井法子ら芸能人が立て続けに逮捕されたことを受けて、芸能界は薬物撲滅に向けて本格的に動きだしたが、それでもBは違法薬物に手を染めている可能性が高いのだ。

「BはNHK大河ドラマにも出演した現役バリバリの大物です。誰かって? これ以上は何も言えませんよ」と別の捜査関係者は声を潜めつつも、こう続けた。

「まだ内偵中のため詳しくは話せませんが、当局はかなりの確信を持って捜査を進めているという話です」

それだけではない。

この2人の有名俳優だけではなく、人気アイドルCも当局の「逮捕者リスト」に名前が記されているというのだから驚く。「Cは現役アイドルながら不良との付き合いも深い。反社会勢力と組んで、詐欺話にも加担しているようで、当局としてもこのまま被害者を増やすわけにはいかないと考えているのです。

是が非でも逮捕したいと虎視眈々と狙っています」と芸能関係者。

Cはアイドルとして歌番組はもちろん、バラエティー番組やスポーツ番組など幅広く出演しており、マルチな活躍を見せている。それだけに、逮捕となったら全テレビ局が青ざめることは間違いなしだ。「すでにCの周辺では逮捕者も出始めており、当局の本気度がうかがえます。いずれCにも司直の手が伸びる可能性は十分にあります」と同関係者。

新井被告の逮捕・起訴は序曲にしかすぎない。毎年のように有名、無名を問わず、複数の芸能人が逮捕されているが、まだ始まって2か月余りしかたっていない19年は大物ばかりが狙われている。

元号が変わる年だけに、芸能界の“問題児”は平成のうちに一掃しておこうと当局が意欲を見せたとしても何ら不思議ではない。心当たりがある人は、一刻も早く危険な橋を渡ることをやめるべきだろう。

【新井被告を待つ“地獄”】新井被告は2月1日に逮捕、起訴されたこともあり同月27日に保釈保証金500万円を払って保釈された。

今後は裁判を待つ身で、それまでに被害女性と示談できるかが量刑に関わってくるだろう。だが、裁判の結果がどう転んでも、これまでの人気俳優としての地位から一転、地獄とも言える厳しい人生を歩まなければならない。

「新井被告はすでに所属事務所から“解雇”されています。今後は逮捕の影響で公開中止となった映画の損害賠償金などを払っていかなければならない。

その額は5億円とも言われています。執行猶予付きの判決となったところで、俳優としての道は途絶えており、貯金を吐き出したとしてもそんな金額は用意できない。心底頭が痛いでしょう」と芸能プロ関係者。

女優の泉ピン子が3日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」で「(芸能界に)帰ってこなくていい」と突き放したことに代表されるように、復帰は絶望的。とても“救う神”が現れるとも思えず、厳しい状況だ。

参考元ーhttps://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1299805/

Aと同じく俳優として数多くのテレビや映画に出演している大物俳優Bも捜査線上に浮かんでいる。

と書いてありますね。

やはり予想ができているということですから、いつ捕まってもおかしくない状況が芸能界では蔓延っているんですね。

そして、ヤフーの記事でこんなものを予想していました。

なぜ有名人の逮捕者が続出するのか「すべての疑問に答える」
 

「今回の事件で、各芸能事務所はビクビクしていますよ。もし自分の事務所から薬物絡みの逮捕者が出てしまったら、一気に会社の存続が危うくなりますから。芸能人は、売れっ子になればなるほど事務所もコントロールできなくなるもの。

次第に私生活にも一切口出しできなくなり、野放しになるケースがとても多い。いわゆる“大御所“たちが次々に逮捕されるのも、そういう特殊な事情があるからです。自分たちの目が行き届かない場所でクスリに手を出されても、止めようがありませんからね……」(芸能プロ幹部)

ピエール瀧容疑者の電撃逮捕であらためて浮き彫りになった芸能人と薬物との「距離の近さ」。

もちろん、コカインだけではない。覚醒剤にMDMA、大麻――芸能界はこれまで、あまたの薬物に侵されてきたのだ。

瀧容疑者と同じく売れっ子ミュージシャンであり、覚醒剤に手を染めたASKA(61)。日本プロ野球界のスーパースターから薬物使用で犯罪者となった清原和博(51)。芸能史を振り返れば、昭和の大物俳優・勝新太郎もその一人だ。

’90年、ハワイのホノルル国際空港でコカイン、大麻を所持していたとして現行犯逮捕された勝。

彼が後日の釈明会見で「気付かないうちにクスリがパンツに入っていた」と言い放ったエピソードはあまりに有名だろう。

数十年に及ぶ、芸能界と薬物の深すぎる関係は呆れるばかりである。なぜ、有名人の逮捕者が続出するのだろうか。

「ハッキリ言えば、何よりも芸能界が“甘い“からです。一般常識でいえば、違法薬物なんて手を出したらその人の社会的な生命は一瞬で絶たれるでしょう。元の職場に復帰することはまずできません。

ですが、芸能界では名前と顔さえ売れていれば、それが難しいことではないんです。たとえば、何度も薬物事件で逮捕された俳優の清水健太郎(66)もそうでしょう。彼は事件を起こした後でも『Vシネマの帝王』として人気を博しました。

クスリで捕まっても、結局はカムバックできてしまう。芸能界は、そんな世間の常識とはかけ離れたイビツな世界なんです」(前出・芸能プロ幹部)

■芸能人に許された“抜け道“

莫大なギャラを手にする芸能人は、現代の“特権階級“とも言える。彼らがクスリを買うときは、身バレを防ぐために何人もの仲介人を通じて取引をするのが通例だ。

自分の手元に薬物が届くまでに何重もの予防線を張り巡らせているため、タレントは「どうせクスリを買ってもバレない」という心理状態に陥りやすい。その環境もまた、薬物への垣根を低くしているのだ。

「たとえば、クラブのVIPルームでタレントが『覚醒剤を買ってきてくれ』と取り巻きにオーダーしたとします。

すると、取り巻きは複数の仲介人を通してプッシャー(売人)からクスリを手に入れる。その間に、わざと何人も噛ませるんです。そうすることで、タレントの名前が表に出ないようにする。

それはスマホを使っての取引もまったく同じですよ。クスリの買い主である有名人に届くまで、意図的に何人も仲介者を立てることでルートを複雑にする。警察の手が入っても、煙に巻けるような仕掛けにしているんです」(元売人)

その結果、クスリなしでは生きられないような“薬物依存“状態に陥ってしまうのである。実際にいまだ薬物使用の噂が絶えない芸能人も少なくない。

「まず“逮捕候補者“として挙げられるのが、超売れっ子俳優のTでしょう。一般的には爽やかなルックスが売りの彼ですが、下積み時代から素行が悪いことで知られている。クスリを覚えたのもその頃だといいます。

テレビに映画にと引っ張りダコなだけに、もし逮捕となれば、その影響は今回の瀧容疑者以上のものになります。

また、NHK『紅白歌合戦』に出場経験もあり、日本レコード大賞も受賞した歌手のMも薬物絡みの話が付いて回っている。

同じミュージシャンでいえば、バラエティ番組にも出演して独特なキャラが人気を博しているOも相当なジャンキーだといいます。

彼らはかねてから警察や厚生労働省の麻薬取締部(麻取)の捜査対象として名前が挙がっている。いつ事件化してもおかしくありません」(芸能関係者)

瀧容疑者のコカイン使用は、まさに氷山の一角。今回の事件をキッカケに、芸能界の薬物汚染がさらにあぶり出されていくのだ――。

参考元ーhttps://headlines.yahoo.co.jp

ここで話に出ているのが、超売れっ子俳優T、日本レコード大賞NHK紅白歌合戦にも出場経験のある歌手のM、バラエティ番組にも出演して、独特なキャラが人気を博しているOが上がっていますね。

これらはネットで様々な意見を生んでいましたが、その中でも一番ありえそうな人たちを今回は記事にしました。

皆さんも何かこの予想に対して思うことがあれば、一番下のコメント欄で是非ともお教えください。

Sponsored Link




ピエール瀧の次に逮捕秒読み田中圭

このルックスの裏に何があるのでしょうか。

当サイトの管理者が、一番、ピエール瀧さんの次に捕まると予想するのは田中圭さんです。

次の記事に田中圭の素行の悪さについてまとめています。

田中圭は薬物使用で逮捕!?理由は?なぜ?昔からの素行の悪さが目立つように以前、ピエール瀧さんが薬物を使用したために、問題になっていました。 しかし、その次に逮捕されると言われているのは田中圭さんです。 薬...

それはなぜか以下の記事に書かれています。

「田中には27歳の時に結婚した妻がいますが、インタビューによると、周囲の人間は皆、口を揃えて『よく圭の嫁なんてできるよね。彼女は偉い』と言うそうです。

これに田中は、『俺って、そんな欠陥人間なの?』と驚いたそうですが、いつも友人たちとは先の約束ができず、その日にならなければ行きたいかどうかわからない性格であるため『自己中だって、よく指摘されます』と、まともな人間ではないことを認めています」(芸能記者)

田中は今年、デビュー19年目にしてドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で大ブレイク。その後は、映画やドラマなどのオファーが続々と届いているようだ。

しかし8月17日発売の「フライデー」によると、ブレイク前の田中は、所属事務所の手をかなり焼かせていたという。

「それによると、田中はギャンブル好きとして知られていますが、26歳の頃、競馬が負け込んで首が回らなくなったことがあるそうです。しかし彼は当時、まだブレイク前ですから収入も少ない。

そのため、芸能界を辞めて安定した仕事に就くことを事務所に報告したところ、スタッフから『お前には才能があるんだから、気持ちを入れ替えて本気で働け!』と叱咤され、さらに借金も肩代わりしてくれたそうです。

これらの恩があり、田中は事務所が持ってきた仕事をほとんど断ることができないのだとか」(前出・芸能記者)

遅咲きのブレイクとなった田中。当時、彼の才能を見抜いた事務所の人間は凄いというほかない。

参考元ーhttps://www.excite.co.jp

素行が昔から悪いなんて、あのルックスからは想像できないですよね。

色々なドラマに映画に引っ張りだこですから、今のうちに事務所関係者は準備をしておいたほうがいいかもしれないですね。

競馬で借金して事務所に、肩代わりなんて皆さん絶対に知らないですよね。

どれほどのギャンブル好きかわかりますし、ファンの人がこれを知れば悲しむことは間違いないでしょう。

本当に捕まるのが秒読みだと個人的に思います。

ピエール瀧の次に逮捕秒読みピンクレディー

薬物をしていたら顔に出るそうです。ピンクレディーの今はどうなっているのでしょうか

NHK『紅白歌合戦』に出場経験もあり、日本レコード大賞も受賞した歌手のMということですから、歴代のレコード大賞を見てみましょう。

1959 水原弘
1960 松尾和子 和田弘とマヒナスターズ
1961 フランク永井
1962 橋幸夫 、吉永小百合
1963 梓みちよ
1964 青山和子
1965 美空ひばり
1966 橋幸夫
1967 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
1968 黛ジュン
1969 佐良直美
1970 菅原洋一
1971 尾崎紀世彦
1972 ちあきなおみ
1973 五木ひろし
1974 森進一
1975 布施明
1976 都はるみ
1977 沢田研二
1978 ピンク・レディー
1979 ジュディ・オング
1980 八代亜紀
1981 寺尾聰
1982 細川たかし
1983 細川たかし
1984 五木ひろし
1985 中森明菜
1986 中森明菜
1987 近藤真彦
1988 光GENJI
1989 Wink
1990 堀内孝雄、B.B.クィーンズ
1991 北島三郎、 KAN
1992 大月みやこ、米米CLUB
1993 香西かおり
1994 Mr.Children
1995 trf
1996 安室奈美恵
1997 安室奈美恵
1998 globe
1999 GLAY
2000 サザンオールス
2001 浜崎あゆみ
2002 浜崎あゆみ
2003 浜崎あゆみ
2004 Mr.Children
2005 倖田來未
2006 氷川きよし
2007 コブクロ
2008 EXILE
2009 EXILE
2010 EXILE
2011 AKB48
2012 AKB48
2013 EXILE
2014 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2015 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2016 西野カナ
2017 乃木坂46
2018 乃木坂46

この中で、Mさんで歌姫とのことです。

  • 都はるみ
  • 未唯mie(ピンクレディー)
  • 増田 惠子(ピンクレディー)

この三人が歌姫であり、イニシャルがMです。

おそらく警察にマークされているのはこの人たちでしょう。

ピンクレディーの二人はやっていたなんて、衝撃が走りますね。

 

ピエール瀧の次に逮捕秒読み大野智

大野智さんが薬物をしているなんて信じたくないですよね。

バラエティに多数出演、独特な雰囲気の持ち主のOさんで皆さんは誰を想像するでしょうか。

ネット上でも、多くの意見が大野智さんであり、確かにと思ってしまいますね。

ですが、ミュージシャンと言っている以上、大野智さんはアイドル寄りですのでそこのところはどうなのでしょうか。

他に、ミュージシャンでバラエティ多数出演のOさんは誰がいるんですかね。。。

ピエール瀧の次に逮捕秒読み長渕剛

今また薬物となると信用を失いますよね。

覚せい剤で逮捕された清原和博と“絶縁した”と報じられた長渕剛だが、10日発売の「週刊新潮」(新潮社)が「清原とともに覚せい剤を使用していた」と実名報道したことで、さらなる衝撃が走った。

同誌は清原復帰に協力したという関係者の証言として「帝国ホテルのスイートルームに2人で篭って、シャブをキメていた」など、覚せい剤使用を断定的に報道。

長渕の所属事務所は「事実無根」としているが、実は長渕には、この報道が出る直前まで、巨額の金銭トラブルも発生していたという。

長渕の覚せい剤報道に、ネット上では「『新潮』を訴えて!」「アニキを信じます」とファンの悲鳴が飛び交っている。

「新潮」によれば、長渕はその後、清原に薬物疑惑が浮上した途端に「もう、俺とはかかわらないでくれ」と手のひらを返し、清原も「あの野郎、絶対に許せねえ」と周囲にこぼしていたというが……。

「実は『新潮』発売の直前まで、長渕は昨年8月に富士山麓で開催した単独オールナイトライブで発生した数億円の赤字をかぶるかどうかで、揉めに揉めていました。

このライブは、動員10万人の超大規模公演で、長渕はライブの宣伝のために各メディアをはしごして、雑誌や新聞のインタビュー、また『ごきげんよう』(フジテレビ系)にまで出演し、大きな話題を呼んでいたものです。

しかし実際には、動員の“水増し”疑惑がささやかれ、チケットの実売数も7万枚程度だったといわれています」(コンサート制作会社関係者)

各メディアは、横並びで10万人ライブを“伝説”と絶賛したが、その裏では莫大な“赤字”が発生していたようだ。

「結果的に、このライブで主催者がこさえた赤字額は、10億円に近いものでした。しかしもともと長渕は、今後も単独公演を定期的に行い、グッズの製作やチケット販売など全て同一の製作会社に委託する、という取り決めを交わしていたことから、赤字は全額、製作側がかぶるという話になっていたんです。

ところが、満足いく集客がかなわなかったことにへそを曲げたのか、長渕は『もうライブはやらない』と言い出した。それでは話が違うと、製作側は赤字分の支払いを長渕側へ求めることとなりました」(同)

この請求も突っぱね続けていたという長渕だったが、「先週になって突然、赤字の一部を支払った上に『やはりライブもやりたい』と言い出し、これで、製作サイドとは完全和解となりました。

『新潮』報道と同時期だったことから、これ以上トラブルを抱えたくないという考えだったのかもしれません」(同)という。

長渕の所属事務所は、「新潮」について法的措置も検討していると一部メディアに回答しているが、金銭トラブル同様、薬物疑惑に関しても無事解消してくれることを祈りたい。

参考元ーhttps://www.cyzowoman.com

以前も薬物で長渕剛さんは問題がありました。

やはり薬物は中毒性が強いですからやめられていないのでしょう。

清原さんと仲が良かったのもそういう裏付けがあるのかもしれないですね。

Sponsored Link




最新情報追記

警視庁組対5課である。麻薬取締部と同じく薬物事件を扱う5課は、元巨人軍の清原和博を逮捕したことで脚光を浴びた。巻き返しを図る5課の次の標的について社会部記者はこう語る。

「まずは、ドラマで主演を張ることも少なくない30代の演技派女優映画でも幅広い役柄を演じて評価が高い。さらに、大物俳優の名前も取り沙汰されています。時代劇からSF大作までこなすベテランですが、こちらは海外でドラッグに手を染めているのではないか、と」 

参考元ーhttps://headlines.yahoo.co.jp

こちらに、またまた薬物の使用が噂されている大物女優と大物俳優が逮捕されるのではないかという情報がありました。

いったいこの女優と、俳優は誰なのでしょうか。

是非ともご意見お聞かせください。

何かまた情報が更新され次第追記していきたいと思います。

芸能人薬物療法疑惑2019誰が逮捕秒読み?に対してのコメント

芸能人薬物療法疑惑2019まとめ

今回は芸能人薬物療法疑惑2019の最新情報を集めて見ました。

様々な人が薬物療法疑惑として挙げられています。

やはり、薬物はやめられないものなんでしょう。

過去に事件があった長渕剛さんまでもがまだしているかも知れないとの情報があります。

次々と2019年は逮捕者が続出しています。

この流れに乗っかって次々と逮捕者が出てくるのではないでしょうか。

2019年は芸能人の逮捕で話が持ちきりになる予感がします。

みなさんもだれか、薬物療法疑惑など逮捕者が出そうな芸能人の情報があればお教えください。

以下のコメント欄で待っています。

関連記事はこちらから!

芸能人逮捕秒読み女優やアイドルは?薬物療法疑惑2019最新まとめ芸能人の逮捕秒読みとされている女優やアイドルについて今回は見ていこうと思います。 薬物療法疑惑が最近話題になっているため、気になる方も...
田中圭は薬物使用で逮捕!?理由は?なぜ?昔からの素行の悪さが目立つように以前、ピエール瀧さんが薬物を使用したために、問題になっていました。 しかし、その次に逮捕されると言われているのは田中圭さんです。 薬...

Sponsored Link




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA